高橋 達也 TATSUYA TAKAHASHI

1987年生まれ、愛媛県新居浜市出身。2006年東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻に入学。2008年小澤征爾音楽塾「こうもり」に参加。2009年同大学を2年間休学しイタリアへ留学。帰国後、2012年同大学卒業。同年『椿姫』アルフレード役とベートーヴェン『第九』ソリストを歌う。2012年春、イタリアに居を移す。T.O.S.C.A国際コンクール優勝。副賞でノルウェーのLarvikでガラコンサートに出演。『Il Trovatore』マンリーコ役をAlto Adige地方劇場ツアー公演でデビュー。

2015/2016年シーズンより、イタリアをはじめ海外の歌劇場でのキャリアをスタート。Teatro Lirico di CagliariでDonato Renzetti指揮、O.Respighi作曲『沈める鐘 』(La Campana Sommersa)の Il Fauno役でシーズンオープニング公演デビュー。68ª Luglio Musicale trapaneseでは、ラヴェル作曲『スペインの時』ゴンサルヴェ役と『ランメルモールのルチア』アルトゥーロ役でデビューする。

2016/2017シーズン、9月に渋谷Bunkamura オーチャードホールにて、バッティストーニ(Andrea Battistoni)に指名され、彼が指揮するヴェルディ作曲『オテロ』カッシオ役、またカリアリ歌劇場の新制作、レンツェッティ指揮『西部の娘』ニック役をMarcello Giordani, Svetla Vassileva, Roberto Frontaliと共演。

2017/2018シーズンでは、Teatro Coccia di Novaraにて『ナブッコ』イズマエーレ役を、Amartvshin Enkhbat, Rebeka Lokar, Marco Mimicaと共演し各評論家に絶賛される。また、Teatro Goldoni di Livornoにて『愛の妙薬』ネモリーノ役、ジョージア国立トビリシ歌劇場にて『ウェルテル』タイトルロールデビュー。

2018/2019シーズン、Teatro Sociale di Rovigoにて『愛の妙薬』ネモリーノ役、スロベニア国立マリボール歌劇場(Slovene National Theatre Maribor)にてグノー作曲『ファウスト』タイトルロールを、第71回トラーパニ7月音楽祭にて『道化師』ペッペ役、『オテロ』カッシオ役、ジョージア国立トビリシ歌劇場にて『椿姫』アルフレード役を演じる。

2019/2020・2020/2021シーズンでは、2020年3月『ファウスト』スロベニア国立マリボール歌劇場、5月ヴェルディ作曲『マクベス』マクダフ役をトリエステ歌劇場、6月ベッリーニ作曲『海賊』をパレルモ・マッシモ歌劇場、7月『ノルマ』をカターニャ・ベッリーニ歌劇場、2020年11月愛媛県新居浜市主催の中学校アウトリーチ・単独リサイタル、2020年12月Sassari(サッサリ)Marialisa de Carolis歌劇場『オテロ』カッシオ役等の出演はCOVID-19の影響により、中止・2021年に延期。

2020年8月モーツァルトのレクエムのソリストとしてLuglio Musicale Trapaneseに出演。2020年10月プッチーニのMessa di GloriaのテノールソリストをTeatro Lirico Cagliariで出演予定だったが、COVID-19の影響により、中止。

これまでに、Andrea Battistoni, Renato Palumbo, Donato Renzetti, Fabio Luisi, Federico Santi, Seiji Ozawaと共演。歌手はRoberto Frontali, Marcello Giordani, Paoletta Morrocu, Svetla Vassileva, Elena Mosuc, Amartvshin Enkhbat, Rebeka Lokarと共演。

現在、Punto Opera、AC-Artistsの海外音楽事務所、日本ではKAJIMOTOに所属。

Carlo Bergonzi, Mariella Devia, Bruna Baglioniのマスタークラスを受講。テクニックをPaolo Barbacini, Marcello Giordani, Giuseppe Gipali, Walter Fraccaro各氏に学び、オペラ歌唱法をFabrizio Cassi, Elena Rizzo, Renato Palumbo各氏に学ぶ。